河本 史紀

河本 史紀 助教

かわもと ふみのり
KAWAMOTO, Fuminori

専攻分野: 整数論

2017年度担当科目:

微分積分 I線形代数 I線形代数 II代数入門

e-mail: <fuminori.kawamoto@gakushuin.xyz>(xyz を ac.jp に読み替えて下さい)

 

プロフィール

 

専門は整数論で、代数体を調べています。ガロア拡大体の理論を学ぶと正規基底定理に出会いますが、体を代数体の整数環に置き換えてもこの定理が成り立つかどうかを考えています。

 

いまは計算機の進歩が目覚ましく、素人の私にも気軽に使えるソフトで、一昔前には考えられなかった代数体の計算ができるようになりました。 C. F. Gauss (1777-1855) や C. L. Siegel (1896-1981) のような計算の達人でなくとも、計算実験ができる面白い時代に生きていると思います。

 

プログラムを動かしてデータをとるとパターンが顕れ、計算機は時には予想を教えてくれますが、残念ながらその証明は教えてくれません。それで予想が成り立 つ理由(証明)を考えますが、それがわかったとき、数学の面白さを味わえます。数学の面白さは、現象が複雑なのにそれが起こる理由が単純である場合に特に強く感じるようです。