中野 史彦

nakanofumi

中野 史彦 教授

なかの ふみひこ
NAKANO, Fumihiko

専攻分野: 偏微分方程式、数理物理学

2017年度担当科目:

ルベーグ積分、*解析学特論 I

プロフィール

 

金属、アモルファス、準結晶中の電子の振舞を記述するエルゴード的シュレーディンガー方程式は、そのポテンシャルの大域的構造により様々なスペクトル構造を持ち、数学的にも魅力的な研究対象である。 その面白さに魅せられて、中野教授は十数年にわたって研究に打ち込み次々と成果をあげてきた。 研究は一筋縄ではいかないが、暗中模索を楽しんで(苦しんで?)いると語る教授。 最近は、ランダムシュレーディンガー作用素の準位統計と、統計力学の模型であるダイマーモデルの研究に携わっている。 より一層の幅広い活躍が期待される数学者である。
日本数学会函数方程式論分科会福原賞受賞